長く探偵業界にいたからこそ断言できる、絶対に契約してはいけない探偵事務所を見分ける9つのポイント

長く探偵業界にいたからこそ断言できる、絶対に契約してはいけない探偵事務所を見分ける9つのポイント【2018年下半期版】

『たくさんの探偵・興信所があるけど選ぶ基準が分からない…』『失敗しない探偵・興信所の選び方を教えてほしい…』

おそらく当サイトを訪問された多くの方は、このような思いでこのページをご覧になっているのではないでしょうか?

警視庁が発表している平成28年度の統計によると、探偵業の届出業者数は全国で5,000件以上にのぼります。 しかも、探偵事務所は調査の人数や料金、使われる調査機材や調査方法などは各社で異なっており、 数多くある探偵事務所の中からどういった基準で探偵事務所を選べば良いか判らないという方が多いと思います。

当サイトでは、様々なページで『優良な探偵事務所の見つけ方』や『悪徳探偵事務所の見分け方』を記載していますが、 このページでは、それらの情報を集約して『浮気調査で絶対に契約してはいけない探偵事務所』を見破る方法をまとめてみたいと思います。

ここに書かれている判断材料が全てではありませんが、いずれも探偵業界に実際に身を置いていた経験をもとに書いていますので、 悪徳な探偵事務所を見分ける一つの材料にはなると思います。

これから探偵に浮気調査を依頼しようとお考えの方、悪徳な探偵事務所と関わりたくない方は是非とも参考にして貰えればと思います。

こんな探偵事務所と契約してはいけない!悪徳な探偵事務所を見破るポイントとは

こんな探偵事務所と契約してはいけない!悪徳な探偵事務所を見破るポイントとは

先程も書いた通り、ここに書かれている判断材料が全てという訳ではありませんが、 筆者の経験上、以下に書かれている9つの項目に一つでも当てはまる探偵事務所は高い確率でトラブルに発展します。

友人の紹介など、余程信頼できる場合は別ですが、そうでない場合は最大限の注意を払うようにしてください。

探偵業法の届出を行っていない探偵事務所

これは悪徳な探偵事務所を判別する為に最も基本的な確認事項です。

探偵業を営む場合、公安委員会に探偵業の届出をして届出証明書を交付してもらわなければいけません。 また、探偵業者は探偵届出証明書を営業所の見やすい場所に提示することも義務付けられています。

従って、もしサイトや探偵事務所に探偵業届出証明書番号が掲示されていない場合、探偵業法の届出を行っていない可能性が考えられます。 探偵業届出を行っていない探偵とはどういう事かと言うと…探偵業の許可を受けずに営業している、つまり違法な探偵業者という事です。

このような探偵事務所と契約を行うと、まともな浮気調査がされなかったり、入金した途端に連絡が途絶えるといったトラブルに発展する可能性が高いです。

近年、探偵業法の届出を行っていない違法な探偵業者は減少傾向にありますが、現実的にはまだ若干そのような違法探偵業者が存在しているのも事実。

探偵届出証明書が掲示されているかは、必ず確認を行うようにしてください。

本社や営業所・事務所が存在しない探偵事務所

探偵事務所によっては、事務所の所在地がサイトに明記されていない場合がありますが、 こういった所在を明らかにしていない探偵業者の多くは、レンタルオフィスで業務を行う探偵事務所と思ってまず間違いないでしょう。

また、一見サイトに住所が記載されていても、記載されている住所の番地や建物名が省略されていて、 いざその住所を訪問してみたらレンタルオフィスビルだった…というケースも多くあります。

こういったレンタルオフィスは、業務に必要なイスや机を備えておりますし、低コスト・短時間で事務所を立ち上げられる為、 トラブルが発生したり悪評がついたらいつでも逃げられるようにと、悪徳探偵事務所がよく使う手法の一つです。

こういった所在を明らかにしない悪徳探偵事務所に騙されない為に、サイトに住所が明記されているかの確認と、 その住所をYahoo!やGoogleで検索したり、Google Mapで住所を検索して『実在する住所か』を確認するようにしてください。

但し、事務所実体はあるものの、面談だけは事務所とは別のレンタルオフィスで行うという探偵事務所は結構あります。 このケースは悪徳探偵事務所でも何でもなく、ごく普通にある事なので、過度に反応する事はないと思います。

固定の電話番号が明記されていない探偵事務所

未だに悪徳な探偵事務所で多く見られるのが、サイトに固定の電話番号が明記されておらず、 携帯電話や050で始まるIP電話番号を掲載して営業を行っている探偵事務所。

通常、法人として真っ当な探偵業務やビジネスを行っているのであれば、固定の電話番号を掲載するのは当たり前ですよね。 それをしていないという事は、事務所の所在と同様に、『何かしらの意図があって電話番号を公開をしていない』可能性が高いです。

しかし、依頼者から緊急の連絡を取りたい時に、携帯電話が圏外だったり電波が弱かったりして電話に出れない場合、一体どうなってしまうんでしょうか… おそらくまともな対応はされないと思います。

こういった固定の電話番号を掲載していない探偵事務所は高い確率でトラブルに発展しますので、契約を行わない方が良いでしょう。

サイトに掲載されている浮気調査の料金が安すぎる

当サイトでも様々なページで記載していますが、『浮気調査の料金が安すぎる』探偵事務所は要注意。

一般社団法人 日本探偵業協会のサイトからの引用ですが、『東京近郊の場合、1人前の腕の良い調査員の時間給は3,000円~4,000円前後』であると言われています。 探偵業界に身を置いていた筆者の感覚としても、2018年現在の探偵の人件費の相場は大体この程度が妥当だと思います。

これに加えて、事務所の維持コストや調査車両、調査機材、出張手当といった経費もかかりますから、当然、探偵の人件費にプラスアルファのコストがかかります。 つまり、まともな浮気調査を行おうと思ったら、どんなに安くても探偵一名一時間あたり5,000円以下にはならない筈なのです。

一方で、インターネット上の探偵事務所を見ていると『調査員一名一時間あたり3,000円!』といった格安の調査料金を売りにする探偵事務所をよく見かけます。

この料金を掲載しているこのカラクリですが、そもそも調査員一名3,000円が嘘(実際に見積りを取ると調査員一名8,000円などとなっている)か、 調査に手を抜いている(探偵3名の調査で契約したにも関わらず、実際には2名の探偵しか稼働しない)か、探偵経験の浅い素人や人件費の安いアルバイトで浮気調査を行っているか、いずれかの可能性が高いです。

いずれにしても、浮気調査で良い結果が得られるとは到底思えないですよね… こういった探偵事務所とは契約しない方が無難です。

浮気調査の他に、『別れさせ工作』も請け負っている

インターネットで浮気調査の探偵を探しているとたまに見かける『別れさせ工作』を請け負っている探偵事務所。

別れさせ工作とは、依頼者からの依頼を受けて、夫婦や恋人同士を別れさせる工作を行うもの。 具体的には、対象者に調査員が接触して疑似恋愛を演出し、夫婦や恋人同士を別れさせる方向に導くという場合がほとんどです。

探偵業の届出を行った上で、別れさせ工作を行う事は違法ではありませんが、 公序良俗に反する事は明らかですし、調査手法によっては刑法や民法に抵触する可能性がある為、 真っ当な探偵事務所であれば『別れさせ工作』を請け負うことはまずありません。

一般社団法人 日本調査業協会も、別れさせ屋等の根絶に向けて「別れさせ屋に準じた事案については絶対にこれをしない」という自主規制を設けており、 『別れさせ工作』が様々な問題をはらんでいる事は明らかです。
一般社団法人 日本調査業協会も、別れさせ屋等の根絶 | 一般社団法人 日本調査業協会

このように『別れさせ工作』を行う事自体に違法性はないものの、様々な問題がありますので、 通常の浮気調査を依頼するのであれば、このような探偵事務所を選択しない方が無難です。

なお、本サイトでも、別れさせ稼業・別れさせ工作の問題点をまとめていますので、興味がある方は是非ご一読ください。
浮気問題を解決するなら、探偵に依頼するのと別れさせ工作業者に依頼するのとどっちがいいの?

サイトに掲載されている宣伝が過大

成功報酬の探偵事務所でよく見かける『証拠が取れなかった場合は料金を一切頂きません!』という謳い文句。

ぱっと見、『何度浮気調査を行っても、パートナーが不貞行為を働かなかったら料金は一切かからない』と読み取れ、 依頼者のとってメリットのある契約に見えますが、ほとんどの場合はそうではありません。

これがどういう事かと言うと、このような成功報酬の探偵事務所の多くは、パートナーが浮気をしていてもしていなくても『対象者に発覚する事なく尾行を遂行し、その行動を証拠として収められたら』探偵事務所としては『証拠を取った』という事になるのです。 つまり、対象者が不貞行為をしようがしまいが、尾行を遂行して証拠を確保したら料金や成功報酬は発生し、支払う義務が生じます。

探偵も慈善事業で浮気調査を行っている訳ではないので、探偵が動いたら費用が発生するというのは当たり前といえば当たり前の話ですが、 『証拠が取れなかった場合は料金を一切頂きません!』という宣伝文句は、明らかに依頼者の誤認を狙ったものですよね。

浮気調査における『成功』の定義がよくわかっている方なら問題ないと思いますが、はじめての浮気調査を行う方は、 むしろ『どのような場合に浮気調査が成功なのか』を正しく理解しなければならない為、トラブルのもとになります。

これをもって悪徳探偵事務所、とまでは言いませんが、せめてしっかりと成功報酬の『成功』の定義を確認するようにしましょう。 よくわからないようなら成功報酬で契約をしない方が無難です。

ワンクリック詐欺等の業務も請け負っている

2017年頃から急増している『ワンクリック詐欺を解決できます!』という探偵事務所。 2018年現在も、このような探偵事務所が多く見られます。

国民センターにもこのような探偵事務所とのトラブルが多く報告されており、行政も定期的に是正勧告を行っています。
「アダルトサイトとのトラブル解決」をうたう探偵業者にご注意!
ワンクリック詐欺等の解決をうたう探偵事業者に是正勧告|東京都

悪質な探偵事務所の中には、サイトに○○相談センター、○○機構、○○相談窓口等、いかにも公共性の高い組織と誤認させるような名称を使用し、 電話をかけると「民間の消費生活センター」「民間の解決機関」であるというような曖昧な表現を使っているところもあるようです。

そもそも、探偵事務所がこのようなワンクリック詐欺の解決や返金交渉を行うことはできません。 つまり、探偵事務所に相談しても、このような問題が解決することは絶対にありません。

にも拘わらず、『ワンクリック詐欺は当社で解決できます』といった謳い文句を掲載している探偵事務所は、 悪徳探偵事務所であると断言しても差し支えないと思います。

一度相談をすると、やたら契約を迫ってくる

探偵事務所の中には、サイトのフォームやメール、電話で無料相談をすると、しつこく何度も営業の連絡してくるような探偵事務所があります。

浮気調査という他人に知られたくない相談内容という事もありますし、パートナーやお子さんと生活をしている中で、 断っても断ってもしつこく折り返しの電話が来るのは非常に困りますよね…

全てではありませんが、こういった『一度断ったのに、何度も折り返しの電話をしてくる』ような探偵事務所は悪徳探偵事務所の可能性が高いです。 少なくとも、一度断っているのに、依頼者の都合も考えずに連絡してくる事自体、興味があるのは依頼者との調査契約(お金)であって、 浮気・不倫問題の解決に真摯に取り組む姿勢が無いというのは明らかです。

これをもって全てが悪徳探偵事務所とまでは言い切れませんが、こういった探偵事務所に当たってしまったら、一度冷静になって他の探偵事務所に相談してみるのがいいでしょう。

また、こういった事にならないよう、最初の無料相談は電話以外の、メールかサイト上のフォームから行う事をおすすめします。

契約前にしっかりとした見積を提出しない、重要事項説明をしない

探偵事務所が探偵業法に沿った事務所運営を行っているなら、見積り書の提示や重要事項の説明は必ず行われます。 つまり、これが行われていないという事は、探偵業法を遵守した探偵事務所ではない可能性があります。

探偵業者は、依頼者と探偵業務を行う契約を締結しようとするときは、あらかじめ依頼者に対して次に掲げる事項について書面を交付して説明をしなければならないことになっています。

重要事項として説明される内容

  • 商号、名称又は氏名及び住所 法人にあってはその代表者の氏名
  • 各公安委員会に届け出た、商号・名称若しくは氏名又は、営業所の名称及び所在地並びに当該営業所が主たる営業所である場合にはその旨
  • 営業所において広告又は宣伝をする場合に使用する名称がある場合にはその名称
  • 個人情報保護に関する法律、その他の法令を遵守すること
  • 提供することができる探偵業務の内容
  • 委託に関する事項
  • 対価その他の依頼者が支払わなければならない金銭の概算額と支払い時期
  • 契約の解除に関する事項
  • 探偵業務に関して作成し、又は取得した資料の処分に関すること
  • 秘密保持について(第十条の内容)

契約前にきちんとした見積書が提出されなかったり、上記のような説明をきちんとしない探偵事務所とは契約をしない方が無難でしょう。

絶対に契約してはいけない探偵事務所を見分けるポイントまとめ

絶対に契約してはいけない探偵事務所を見分けるポイントのまとめ

如何でしたでしょうか?

細かい事を言うと、優良な(悪徳ではない?)探偵事務所を見つける為にまだまだ確認すべきポイントは無数にあるのですが、 筆者が重要と思われるものを絞って抜粋してみました。

探偵業界は昔からトラブルが多い業界ですが、探偵業法によって探偵業に必要な規制が定められるようになりましたので、 2018年現在はとんでもない悪徳探偵事務所というのは少なくなっています。

しかしながら、探偵業法で厳密に規制されていなかったり、実質判断が必要となるような『浮気調査の手を抜く』 『経費を過大に請求する』といった悪事を働くプチ悪徳探偵事務所が多くなっています。

こういったプチ悪徳探偵事務所は、一概に探偵業法から逸脱しているとは言えない為、 浮気調査契約の解約や支払った料金の返金などには、探偵事務所もなかなか素直に応じず、場合によっては争いの末に司法裁判を仰ぐことになる場合もあります。

この業界での経験が多い筆者でも、『絶対に安心できる探偵事務所選び』というのはなかなか難しいものがありますが、 やはり『大手の探偵事務所』というのは料金の面でも、調査力の面でも、一定の安心感はあります。

大手の探偵事務所に抵抗があったり近くに事務所がない場合は、『地元で長く営業している探偵事務所』に相談してみるのが安心できます。 屋号を変えずに長く営業しているという時点で、ある程度の信頼性はありますし、地元の探偵事務所であれば土地勘の面でも遠方の探偵事務所よりも大きなアドバンテージがあります。

ただでさえ高額な費用が発生する浮気調査、悪徳な探偵事務所に騙され、浮気調査が台無しにならないよう、十分にお気をつけください!

探偵事務所選びに迷ったら…創業44年の高い信頼性とスキルで選ばれる原一探偵事務所

「夫や妻が不倫・浮気をしている…」「どう対応したらいいのかわからない…」 そんなときは、無料の電話相談を使って浮気調査に強いカウンセラーに相談すると良いでしょう。

原一は24時間・365日、浮気調査に強いカウンセラーが相談を受け付けています。 全員が浮気問題や離婚裁判に精通しており、女性のカウンセラーも多数在籍していますので、女性の方も安心して相談することができるでしょう。

原一探偵事務所をおすすめするポイントは何といっても創業からの44年間、110,000件以上の相談実績で蓄積された信頼性とノウハウ、それに裏打ちされた高い調査力、報告書品質です。 拠点数も全国16都道府県に18拠点を構え、全国どこの浮気調査でも最短で即日から出張料無料で質の高い浮気調査が行えます!

原一探偵事務所は日本最大手の探偵事務所で、44年110,000件の調査実績!全国各地に拠点があり、全国どこの浮気調査にも迅速に対応可能です!浮気問題や離婚裁判に強く、経験豊富な探偵も多数在籍!
原一探偵事務所は、日本能力開発推進協会(JADP)の夫婦カウンセラー資格を持つ相談員が多数在籍し 24時間年中無休で無料相談を受け付けています。肝心の浮気調査の調査力はと言うと、創業から44年で110,000件以上の解決実績があり、他社を圧倒する経験とノウハウで、必ずあなたと家族を悩ませる浮気問題の助けになるでしょう。

浮気問題は一人で解決することが難しい問題です。 かといって、浮気問題はその性質から両親や友人にも相談しづらく、どう解決したら良いかとお悩みの方も多いのではないでしょうか?

原一探偵事務所は夫婦カウンセラー資格を持つ相談員が多数在籍しているため、客観的で的確なアドバイスがもらえますし、相談だけなら何度でも無料で行えます。 実際に相談だけして浮気調査を依頼しない相談者さんも多数存在します。無料相談を上手に利用して浮気問題を解決することをおすすめします。
原一探偵事務所より、当サイト限定で浮気調査の基本料金が、通常40,000円のところ半額の20,000円になる割引クーポンを発行して頂きました。 当サイトから公式サイトに遷移すると、公式サイト内に以下のクーポンが表示され、割引が適用されます。(電話相談でも割引が適用されます) 無料相談または面談時に必ず「クーポン見た」と伝えてください!

原一探偵事務所は24時間無料相談を受付中!

原一探偵事務所なら深夜早朝でも通話料無料ですぐに浮気問題の相談が可能です。この時間は相談者が少ないため、電話での相談がおすすめです。
電話で無料相談  0120-24-0197

メールで無料相談
12428

こちらの記事もよく読まれています

最終更新日:2018/10/10

浮気・不倫コラム

探偵事務所取材レポート

浮気調査の費用シミュレータ

浮気調査・不倫調査の料金シミュレータはこちらです。浮気調査の条件を指定して相場を検索!

都道府県別のおすすめ浮気探偵

人気の浮気関連記事

このサイトの運営

相沢 真琴
はじめまして、相沢真琴です。東京にある探偵事務所を運営する会社で、浮気調査に関連した業務を行っていた経験から本ウェブサイトを立ち上げました。 パートナーの浮気・不倫問題に苦しむ方の助けになれれば幸いです。
日本弁護士連合会
警視庁
警察庁
独立行政法人 国民生活センター
一般社団法人 日本調査業協会