子供の出産を機にセックスレスになる夫婦が急増中!この時期に浮気や不倫に走ってしまう夫の心理とは

サレ妻にならない為に…妻や夫が浮気や不倫に走ってしまう一番の原因と対策

どんなに付き合いが長く、愛し合って結婚した夫婦であっても、子どもが生まれれば妻の愛情の大半は子どもへ…

出産をきっかけに、子供が小さいうちは授乳やオムツに寝かしつけで夜も眠れず、 子供が少し大きくなったら育時と平行して家事家事をこなしつつ職場復帰…と、出産をきっかけに生活が激変する女性は珍しくありません。

一見すると小さな生命が誕生して日々成長する幸せいっぱいの家庭に見えますが、 実は、この『出産からの数年間』の時期こそが最もセックスレスになりやすく、また夫が最も浮気や不倫に走りやすい時期でもあります。

このページでは、この時期にセックスレスにりやすい理由と、夫が浮気や不倫に走ってしまう心理状態を紐解いてみたいと思います。

『出産からの数年間』に浮気や不倫が急増するワケ

出産からの数年間は、女性にとって生活が激変する期間です。

赤ちゃんは遠慮なく四六時中泣き、ようやく寝たと思ってベットに連れて行くと置いた瞬間に泣き…授乳や家事もしなければならず、本当に寝る間もない忙しさです。

一方で男性も女性ほどではないにしろ、生活が変化します。 赤ちゃんの泣き声で夜は眠れなかったり、不慣れな家事の手伝いしたり、何と言ってもいままで傍らにいた妻が赤ちゃんの世話でコミュニケーションも取れず…男性は男性でストレスは溜まる一方です。

『出産からの数年間』に浮気・不倫に走る夫の心理

妻が大変なのは頭ではわかっているものの、男性は『子孫を残す』本能を持っている生き物。

しかし妻からは相手にされず、ついつい我慢できずに家庭の外に目を向けてしまい、風俗や浮気・不倫で欲求を解消…という話を多く聞きます。

この時の夫側の言い分として聞かれるのは以下のような声です。

  • 産まれたばかりの子供の面倒で大変なのはわかるけど、いつ誘っても拒否ばかり。せめて月に1回くらい相手できないもの?
  • 子供が産まれてから、比較的心と時間に余裕がありそうな時を見計らって誘ってみても、『そんな気になれない』と断られること数十回。もうどうすればいいかわからない…
  • 一人目の出産直後からセックスレスになり、二人目を授かったらまたセックスレス…子供は欲しかったけど、それより大事なものもあるんじゃ?
  • 妻の出産からもう3年以上拒否され続けてる。さすがに外注してもいいよね?
  • 夜はすぐに子供と寝てしまって、夫婦の時間が一切ない。毎日疲れているのはわかるけど、俺はどうれば?

多くの男性にとってセックスはなくてはならないもの。これを拒否されてしまうと、大半の男性は苦痛を感じるものです。

中には欲求を我慢できる人も居るには居ますが、『自分の子孫を残したい』というのは男性の本能の為、 無理に我慢したり、深く悩む余り精神に支障を来す人も…

『出産からの数年間』夫からのセックスを拒む妻の心理

一方で、女性側の心理はどのようなものでしょうか? あるメディアで行われた読者100人へのアンケートの回答を見ると、女性の心理がよくわかります。

  • 産後は、自分の性欲が減退。まったくやる気がなくて、お誘いは苦痛以外の何ものでもありません!!月に1~2回は応じていますが、本当はさわられるのもイヤ。
  • もともとセックスは好きなので、妊娠前は回数も多かったのですが、産後はまったく興味がわきません。スキンシップをしていてセックスに流れそうになると「やめて!」と思ってしまいます。
  • 出産後は”母”としての自覚からか、セックスを恥ずかしいと思ってしまいます。2人目が欲しいので再開しましたが、夫のことを好きなのか、正直言ってわかりません。
  • 出産後、初めて再開したときは痛すぎて裂けるかと思いました。あんな痛みを再び味わうかと思うと、したくありません…
  • 出産後2カ月で再開しましたが、会陰切開の傷がつっぱって痛い!挿入は不安と痛みしかなく、性欲もなくなりセックスが苦痛に。

このアンケートでは、どちらかと言うと『精神的な理由でセックスしたくない』という人が66%、 『痛いなど身体的な理由でセックスしたくない』という人が61%という回答結果になりました。

これは出産を経験した女性ならば『あ~わかる!』という回答も多かったのではないでしょうか?

なお、産後に性欲が減退するのは自然なことで、授乳が終わればホルモンの分泌量が元に戻り、性欲も自然に戻ると言われています。

産後をきっかけにしたセックスレス

産後をきっかけにセックスレスに陥ってしまう妻と夫の心理

上記の結果からもわかる通り、子供を授かった後や出産した後の男性と女性の心理状態はかなりの隔たりがあります。

一言でいえば、男性は『やりたい。本能だからどうしようもない』、女性は『精神的に(一部の人は肉体的にも)苦痛で、できればやりたくない』と、 ほぼ正反対の方向にベクトルが向いています。

結果として、夫はいつしか妻との夫婦生活を諦め、家庭の外で解決しようとします。

夫が走った先が風俗であれば、まだいいかも知れません。 お金はかかりますし、類似性行為が行われる為、妻としては決して気持ちの良いものではありませんが、 相手は職業で行っているサービスですし、夫と風俗嬢との間のつながりも強くありません。

しかし、浮気や不倫となると話は別です。 浮気や不倫の場合、大抵は心が動いてしまいますので、深い関係に陥ってしまうことが多く、 浮気や不倫が発覚した場合はかなりの確率で離婚問題や慰謝料請求に発展します。(実際に実行に移すかは別として)

因みに、セックスレスは日本性科学会によってその状態が定義されています。

セックスレスとは、日本性科学会によれば、「病気など特別な事情がないのに、1か月以上性交渉がないカップル」と定義されている。 しかし、便宜上「カップルのうち、どちらかがセックスをしたいと望んでいるのに、長期間それができない状態」を総じて「セックスレス」と呼ぶのが一般的な解釈である。 セックスが無い、あるいは回数が少なくても、カップル双方が不満や苦痛を感じず、関係が良好ならば「セックスレス」という言葉を使って問題として顕在化する必要がないからである。

出典 Wikipedia - セックスレス

セックスレスが理由で離婚できる?

先に結論から言うと、セックスレスでの離婚は正当な離婚理由として認められており、離婚が可能です。

当事者の話し合いでの離婚(協議離婚)は自由にすることができますし、離婚調停、離婚裁判で争う事もできます。 (裁判所に、セックスレスを理由に離婚を認めてもらうためには、セックスレスが「婚姻を継続し難い重大な理由」として認められることが必要となりますので、若干ハードルは上がります)

しかし、一応のセックスレスの定義というものはあるものの、夫婦の性生活はその夫婦によって様々です。

例えば、元々数日に1回セックスをしていた夫婦と半年に1回程度の夫婦ではセックスに対する価値観やセックスレスに対する捉え方も違いますので、 「1か月以上性交渉がない夫婦」という定義がそのまま当てはまらない場合もあります。

この為、『何年夫婦生活がなければセックスレスを理由に離婚できるか』という事は一概には言えず、裁判所の判断となります。

但し、一般的な解釈としては『1年間』『どちらかがセックスを望んでいるにも関わらず、セックスがない』場合、 民法の770条にある『その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。』に該当するという見解が一般的です。

つまり、あなたが一年以上の間、夫の要求に応えずに拒否を繰り返している場合、夫から離婚や慰謝料を要求される可能性があるという事です。

セックスレスを解消するには

セックスレスを解消するには

一度セックスレスになってしまうと、基本的な関係自体がぎくしゃくしがちです。 会話が減ったり、顔を合わせる回数が減ったり、生活時間帯が合わなくなるなど、コミュニケーションが悪化し、改善は更に難しくなっていきます。

『最近セックスの回数が減ってきたな…』と自覚したら、夫婦で積極敵にコミュニケーションを取り、深刻になる前に問題を解消することが大切です。

女性が拒否する側のセックスレスの場合、授乳が終わればホルモンの分泌量が元に戻り、性欲も自然に戻ると言われていますので、 1年くらい経ってから徐々に再開してみると良いでしょう。夫には『今はホルモンバランスが崩れていて体がついていかないから、1年だけ待って!』などときちんと期限を決めて言っておく事が重要です! これを怠ると、男性は徐々に外に目を向けてしまいます。

逆に言うと、この一言があれば風俗遊びや浮気・不倫をせずに待つ男性が多いです。

拒否する理由が『痛い』など身体的な理由の場合は、夫に協力してスローセックスからゆっくり戻していくのが良いでしょう。 この『出産後の行為の痛み』はほとんどの女性が経験するもので、始めは苦痛を伴いますが、これを克服しないとセックスレス向かって一直線です。 ゆっくり徐々に、夫に協力して貰いながら克服できるよう頑張ってみてください。

また、今まで何度か拒否している場合は、男性側がセックスを誘いづらくなっている可能性もあります。 その結果、また拒否されるのが怖くて妻を誘えなくなってしまい、妻が拒否していたのに、いつの間にか夫が拒否するセックスレスに…というパターンも多く聞かれます。

この場合は、女性の側から積極的に誘ってみたり、雰囲気を作ってあげるのが良いと思います。 このパターンでは夫はセックスが嫌いな訳ではなく、『また拒否されたら傷つく…』というのを怖がっているのですから、あなたの方から誘えば何の問題もなく再開できると思います。

しばらくセックスのなかった二人なので、すこし時間はかかるかも知れませんが、タイミングを見計らってスキンシップを図ってみましょう。

セックスレスから夫が浮気・不倫に走ってしまったら…

このページでは、主に『産後に始まるセックスレス』に焦点を当てていますが、実際のところセックスレスに悩む女性も少なくありません。

そして、男女共に、セックスレスのストレスの先には『離婚』か『浮気・不倫(男性の場合は風俗)』の二つしかありません。 稀に『我慢し続ける』という人も居ますが、これができる人は本当に少ないです。いつかは我慢しきれずに破綻します。

ひとたびセックスレスから浮気・不倫に走ってしまうと、次は『離婚』しかありません。 『復縁』の選択肢もあるにはありますが、そもそも浮気・不倫に走った原因がセックスレスですから、復縁に繋がる可能性は低いと思います。

仮にあなたの方から拒否した形のセックスレスが原因で夫が不倫をした場合、通常の不倫の慰謝料の何割かはセックスレスの慰謝料で相殺される場合があります。 (不倫の慰謝料の方が高くなる事がほとんどだと思いますので、完全に相殺される事はないと思いますが、ここは裁判所の判断になると思います)

あなたが離婚を望むならばこのような慰謝料と離婚での決着も可能ではありますが、 離婚を望まないなら『セックスレスにならない』よう心がける事が最も重要です。

『セックスレスを解消するには』で書かれている内容を実践し、セックスレスからの離婚とならないよう十分にお気をつけください!

浮気問題や離婚裁判に強く、経験豊富なカウンセラーに何度でも無料で相談できます!

「夫や妻が不倫・浮気をしている…」「どう対応したらいいのかわからない…」 そんなときは、無料の電話相談を使って浮気調査に強いカウンセラーに相談すると良いでしょう。

原一は24時間・365日、浮気調査に強いカウンセラーが相談を受け付けています。 全員が浮気問題や離婚裁判に精通しており、女性のカウンセラーも多数在籍していますので、女性の方も安心して相談することができるでしょう。

原一探偵事務所をおすすめするポイントは何といっても創業からの44年間、110,000件以上の相談実績で蓄積された信頼性とノウハウ、それに裏打ちされた高い調査力、報告書品質です。 拠点数も全国16都道府県に18拠点を構え、全国どこの浮気調査でも最短で即日から出張料無料で質の高い浮気調査が行えます!

原一探偵事務所は日本最大手の探偵事務所で、44年110,000件の調査実績!全国各地に拠点があり、全国どこの浮気調査にも迅速に対応可能です!浮気問題や離婚裁判に強く、経験豊富な探偵も多数在籍!
原一探偵事務所は、日本能力開発推進協会(JADP)の夫婦カウンセラー資格を持つ相談員が多数在籍し 24時間年中無休で無料相談を受け付けています。肝心の浮気調査の調査力はと言うと、創業から44年で110,000件以上の解決実績があり、他社を圧倒する経験とノウハウで、必ずあなたと家族を悩ませる浮気問題の助けになるでしょう。

浮気問題は一人で解決することが難しい問題です。 かといって、浮気問題はその性質から両親や友人にも相談しづらく、どう解決したら良いかとお悩みの方も多いのではないでしょうか?

原一探偵事務所は夫婦カウンセラー資格を持つ相談員が多数在籍しているため、客観的で的確なアドバイスがもらえますし、相談だけなら何度でも無料で行えます。 実際に相談だけして浮気調査を依頼しない相談者さんも多数存在します。無料相談を上手に利用して浮気問題を解決することをおすすめします。
原一探偵事務所より、当サイト限定で浮気調査の基本料金が、通常40,000円のところ半額の20,000円になる割引クーポンを発行して頂きました。 当サイトから公式サイトに遷移すると、公式サイト内に以下のクーポンが表示され、割引が適用されます。(電話相談でも割引が適用されます) 無料相談または面談時に必ず「クーポン見た」と伝えてください!

原一探偵事務所は土曜日も24時間無料相談を受付中!

原一探偵事務所なら深夜早朝でも通話料無料ですぐに浮気問題の相談が可能です。この時間は相談者が少ないため、電話での相談がおすすめです。
電話で無料相談  0120-24-0197

メールで無料相談
12428
最終更新日:2018/03/28

浮気・不倫コラム

探偵事務所取材レポート

浮気調査の費用シミュレータ

浮気調査・不倫調査の料金シミュレータはこちらです。浮気調査の条件を指定して相場を検索!

都道府県別のおすすめ浮気探偵

人気の浮気関連記事

日本弁護士連合会
警視庁
警察庁
独立行政法人 国民生活センター
一般社団法人 日本調査業協会